赤ちゃんが寝ない原因と寝かしつけの方法

待ちに待った赤ちゃんとの生活が始まって一番悩ましいのが寝かしつけかと思います。
寝てほしいけれどなかなか寝てくれないと困っている新米お母さんも多いでしょう。

ここでは赤ちゃんが寝ない原因と、寝かしつけの方法について紹介します。

日本経済新聞に興味ある方、必見です。

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ生活のリズムがしっかりとついていません。

そのため、真夜中に目が覚めてしまったり、寝る時間がまちまちになってしまったりします。

大切なのは、生活リズムを整えてあげることです。

朝7時頃になったら、カーテンを開けて太陽の光を浴びさせて、朝が来たことをしっかり教えてあげましょう。また、夜眠るときは、できるだけ部屋を暗くしてあげることで眠りにつきやすくなります。



そして、眠る前にオムツが濡れていないか、おなかが減っていないか、部屋の温度が適切かをきちんとチェックして眠りやすい環境を整えるようにしましょう。

次に寝かしつけの方法についてです。

まず、最初にあげるのは抱っこでの寝かしつけです。このときに、ゆらゆらと揺らしてあげることで赤ちゃんは、おなかの中にいたときのことを思い出して心地よくなり、眠りにつきやすくなります。

今すぐ見つかる赤ちゃんが寝かしつけにまつわる情報をまとめています。

また、揺らす方向も横方向よりも縦方向のほうが落ち着きやすいため、抱っこしたままスクワットなどをするとよいでしょう。
また、おくるみで包むのもおなかの中にいた時の姿勢を再現することで安心するので、特に低月齢のあかちゃんの寝かしつけにおすすめです。